(財)国際調和クラブ
財団概要
ヒストリー
アクセス・マップ
KRHグループ

役員紹介
理事長:青山 馥
副理事長:青山るみ

明治初期に設立された、日伊文化協会は両国の親善交流を深めてきたが、昭和21年2月2日「財団法人国際調和クラブ」に名称を変更し国際間の調和と親睦を図ることを目的として設立されました。新設の国際調和クラブの総裁には明治の元勲岩倉具視の嫡孫で公爵の岩倉具栄が着任しました。
以後時代の返遷と社会情勢の変化により、当財団も隆盛のときも、休眠状態のときもありましたが、第三代理事長小野 憲氏が高齢のため引退され、平成15年12月岐阜県羽島市の「青山 馥」が第四代理事長に就任し多くの事業を展開し、活発な活動を推進している。各種の事業資金は、理事長青山馥、副理事長の青山るみ夫妻が寄附行為により10億円を調達し充当する計画であります。
文部科学省所管の法人で第3号と古く歴史的にも由緒ある当財団を皆様の協力により益々発展させる所存であります。

主な事業紹介

[1] 外国人留学生奨学事業(岐阜大学院生・東京農業大学院生)
7カ国10名の留学生に奨学金支給 1000万円
[2] 母子、父子家庭・リストラ等によって学費の支弁が困難な高校生に
奨学金を支給(高専も該当する・今年30万3年間で90万) 2000万円
[3] プロゴルファ育成事業(女性2名・男性4名) 1000万円
[4] バングラデシュ職業専門学校の設立資金寄附 500万円
[5] 海外文化交流事業・施設巡回慰問事業(師範西川扇翠) 1000万円
[6] 東京での国際的な音楽活動 300万円

この他、キューバ音楽堂改修費用100万円・ベトナムの枯れ葉剤被害者の救援に200万円(目の手術1人20万の10人分)、昨年のスリランカ津波地震被害救援に2000万円など多くの地域並びに国際間の交流と奉仕に努めています。

財団法人国際調和クラブ
〒501-6257 岐阜県羽島市福寿町平方7丁目33-2
TEL 058-397-0232 FAX 058-397-0237
e-mail info@krh-group.jp

ページトップへ